MENU

彫金のリューターのパワーが弱くても大丈夫。下ごしらえが磨きを楽にする。

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

彫金のやり方について色んな記事を紹介していますが、今回は彫金で金属を磨く時にパワーの弱いもので磨いてもそこそこきれいになる方法を紹介します。

と言っても私が使っているリューターはそこそこパワーがあるので低速時(回転数を抑えている時)にどのような磨き方をしているかという説明になります。

真鍮・シルバーアクセサリーなどを自作していてアクセサリーの磨き方を模索している方は一度目を通してみてください。

目次

彫金のリューターのパワーが弱くても大丈夫。下ごしらえが磨きを楽にする。

最初に結論から

まず順を追って説明したいと思いますが、方法だけ確認したい方もいらっしゃると思いますので

結論から書きます。

 

【リューターをかける前にできる限り磨いておく。】

 

凄い秘訣を期待されていた方には申し訳ありませんがリューターの回転数を上げた時も同じようにしており、バフをかける前の下ごしらえがクオリティを左右します。

なお今回の内容は「バレル研磨機」などの自分の手をかけない系の機械工具は省いています。

下ごしらえで磨くための道具

砥石だけはちゃんとした砥石屋さんで買ったものの方がいいです。

ただ海外の砥石ですごく性能がいいものもあるので探してネットで買ってみてもいいかもしれません。

※簡単に買える砥石も消耗品としてガンガン使う上ではかなり有用です。砥石に関してはまた違う記事で紹介します。

 

今回紹介する工具のなかで特にオススメなのはラッピングフィルム研磨フィルム、レジンを使っている方にはお馴染みかもしれませんが金工でも十分に使えます。

ラッピングフィルム研磨フィルムは紙やすりと違って砥粒のヘリが少ないのもオススメのポイントです。(※雑に使うとあっという間に砥粒はなくなります。)

使用方法に「水を付けても使えます。」と書いてありますが基本的に金工の場合は水は必須です。

紙やすりと比べて割高ではありますが性能は桁違いなので1回も使ったことがない方には是非使ってみてほしいです。

一番細かくて#15000まであるのでそこまで入念に磨けばリューターで磨かなくてもいいぐらいです。

 

彫金で使用するリューターの紹介。

では今回のリューターの紹介です。

以前このブログをご覧いただいている方に

このリューターでもシリコンポイントが使えたと教えていただいた時に

低速での磨き方の話になったのでこのリューターを例にします。

 

私が使っているリューターを例にします。

コチラのMr.Meister(ミスターマイスター) 精密ハンドピースグラインダー HP300です。

楽天で4万円ぐらいしますがこのリューターはオーバーヒートしにくいのでオススメです。

回転数を比べるとプロクソンは最大18000でMr.Meisterは最大35000です。

 

さてリューターのパワーが強力で研磨するうえでは回転数が高いのは良い事ですが、私のように細かい彫金模様を彫った後に磨くとなると、回転数を上げすぎた場合模様がだれてしまうので冒頭で書いた通り低速で磨きます。

彫金真鍮板

東京アートクラフトフェスタ実演真鍮板

 

「リューターの回転数を上げないとキレイに磨けない。」という意見もあると思いますがハッキリ言って嘘です。(※磨く段取りによって考え方が違ってくるのでそこらへんはまた違う記事で紹介します。)

要するに下ごしらえをちゃんとやれば低速でもちゃんと磨けるという事です。

 

真鍮板の場合は過去に紹介した液体コンパウンドでガシガシ磨いても大丈夫です。

お酢だけじゃない!?真鍮アクセサリーの簡単お手入れ方法

 

磨く前の下ごしらえの仕方

単純な使い方は説明する必要がないと思いますので

特に細かい方法を紹介します。

紙やすり、ラッピングフィルム、研磨フィルム

・割りばしと爪楊枝を使う

割り箸と爪楊枝を使わずに紙やすりで普通に擦るだけでも問題ありません。

たださらにひと手間かけて両面テープを使って紙やすりやラッピングフィルムを割りばしに巻き付けると簡易的なヤスリになります。

先端の砥粒が無くなってきたらカッターナイフなどで砥粒の無くなった先端部分を斜めに切り落せば繰り返し細かい部分を磨いていく事ができます。

趣味レベルでは必要ないと思いますが爪楊枝でも同じことができるのでマイクロヤスリ代わりになります。

 

・金属板に貼り付ける

次に磨きたい対象自体を紙やすりにこすりつける方法。

 

金属板にスプレー糊で紙やすりなどを貼り付けて使います。

砥石で包丁を研ぐのをイメージしてみるとわかりやすいです。

金属はアルミでもなんでもいいですが、力を入れた時に変形するとマズいので私は念のためステンレス板を使ってます。(金属板の厚みは1㎜以上推奨。)

力を入れた時に曲がらなければ木の板でもいいんですが強く擦り付けた時にへこむような柔らかい木材だとせっかく付けた紙やすりが剥がれてしまうので金属板の方がオススメです。

磨く前にキサゲで表面を処理する

これはプラモデルとかでもよく使われるのでスクレーパーと言った方がわかりやすいかもしれません。

私は粘りのある炭素鋼で出来たものを使用していますが使うのにかなり慣れがいるので超硬(タングステン鋼)の方がいいかもしれません。

丁寧に傷を取る時に使用するものなのですが趣味レベルの方はあんまり使わないと思うので割愛します。

使い慣れるのでかなり時間がかかるので「なんとなくアクセサリーを作りたい」という方には向かない工具です。

一段階高いアクセサリーを作りたい方は使ってみるのをオススメします。

 

磨きの下ごしらえまとめ

目の粗い細かいはそれぞれ確認していただく必要はあります。

ただ今回紹介した方法で細かく下準備をしてからであればパワーの弱いリューターでも十分磨くことが出来るので興味のある方は試してみてください。

趣味レベルでここまでされる方はいないと思いますが、参考になれば幸いです。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

 

彫金の工具、道具を買うにはAmazonプライムがお得なので是非登録しておきましょう。

月額500円もかからないので非常にお得です。

 

\TRY NOW/

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

 

 

SNSのフォローはこちらからお願いします。

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる