張り合わせロウ付けでロウ追加

ろう付けでフラックスの火の当て方を紹介、丁寧なろう付けで作業への理解を深める。

ろう付けでフラックスを乾かす火の当て方を紹介します。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっている上谷です。

ろう付けでフラックスを乾かす

今まで色々とろう付けのやり方を紹介してきました。

彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介

彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

↑基本的なやり方の紹介。

実践・作業のコツ編で詳しいろう付けの方法を紹介している中で

火の当て方で大事な部分があるので別途紹介します。

やり方

結論から

遠くからろう付け部を熱してフラックスを乾かします。

簡単に言うとロウ付け時のフラックスを「熱する」というより「乾かす」方法です。

ろう付けをやり始めたばかりの方は中々意味が分からないと思いますが、

フラックスを付けて乾かしてから火力を上げた方が水分の沸騰でロウ材が動かないのでろう付けしやすいです。

 

彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

↑この記事で紹介している方法の中の一つです。

あくまで私のオリジナルの方法なので参考程度に読んでいただければと思いますが、

実際仕事で使っている方法なので本当に参考になると思います

 

フラックスの調節がしやすい。

適当にやっても出来るっちゃ出来ますが継続して安定したろう付けをやりたいのであれば

一度試す事をオススメします。

そうすると「ろう付けあるある」を回避しやすいです。

ろう付けあるある

ろう付けあるあるとして

  1. フラックスを塗る
  2. ロウ材を乗せる
  3. 火を当てる
  4. パチッと鳴ってロウ材どっかに飛んでいく。またはフラックスがブクブク沸騰してロウ材が狙ったところからずれる。

あるある~

 

ろう付けで重要なフラックスの調節

保管する時のフラックスの調節

彫金を独学でやることについて

彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介

↑しょっちゅう書いている内容なんで、それだけ重要だと思ってください。

ペースト状のフラックスはペトッと塗るだけでいいんですが

長い事色々やっていると粉末状のフラックスを使ったり煮詰めたり保管の方法もいろいろ変わってきます。

 

彫金に爪楊枝を使う。

↑ろう付け前にフラックスを塗る時は爪楊枝を使うのがオススメです。

 

複数の位置のろう付けを行う時に

ペースト状のホワイトフラックスで全体をベトベトにしてたら時間もかかるし

「溶けすぎ」問題とかが出てきてうまい事ろう付けできないので、

やりやすいように濃度を調節してろう付けします。

フラックスをコトコト煮る
フラックスをコトコト煮る
複数個所をろう付けする時にせっかくろう付け出来た箇所が、違う部分をろう付けしているときに再度溶けだしてずれてしまったり外れてしまったりする事。私が勝手に名付けてます。
ロウ材が溶けすぎる事を言ってるのでくっつけたい金属(母材)を溶かしてしまうわけではありません。
母材を溶かしてしまう人はそもそもムキになって火を当ててしまっているor無駄に火が強いだけです。

 

ろう付け部分でのフラックスの調節

要するに今回の「乾かす」火の当て方はロウ付けする部分でもフラックスの濃度を調節して

ろう付けしやすくしようという発想です。

濃度を調節しながらやるとやりやすいです。

 

「ろう付けの途中で一回でも火を外したら、酸化してろう付けできなくなる。」

これは完全にウソ。フラックスをちゃんと管理できないorしたことがない人ほどこれを言います。

 

以前の投稿でわかりやすいように小口バーナーをブンゼン(ユラユラ~っと火が出る状態)にして

フラックスを温めると書いてる通りで、今回はその発展形です。

フラックスを乾かすために行うので今回は火はブンゼンではなくブロー(火がシュゴーッと出る状態)でも問題ありません。

ガスが満タンなら結構大きめの母材も対応できるので、大体のろう付けはこの小口バーナーで出来ます。

 

初心者は大きい母材は大口バーナー使いましょう。

金属の厚みが2㎜ぐらいの厚みになってくると大口のガスバーナーの方が簡単にロウ付けできます。

 

 

画像で紹介している大口のガスバーナーは最大温度1700℃の火が出るタイプのトーチ(火口)です。

2100℃の火力が出るトーチもありますが初心者の場合ほぼ間違いなく母材を溶かすので気を付けましょう。

火力が強ければいいというものではありません。

 

フラックスを乾かす火の当て方、命名「アオヤギ」

個別の工程の名前がないので名前を付けました。

私がこの方法を突き詰めて考えるようになったキッカケが料理漫画「蒼太の包丁」です。

主人公:蒼太の先輩「青柳」があるシーンで「イカの黄金焼き」という料理を作ります。

その時「焼き物だが焼くにあらず」というセリフがあります。(ちょっとうろおぼえ。)

イカの表面に塗った卵黄に焼き色がつかないように焼く、つまり乾かすように火を通します。

このような火の使い方があるというのを知って

私は今回紹介しているフラックスを乾かす火の当て方をやるようになりました。

目が啓かれるとはこのことですね。

原作者の末田雄一郎先生にも名前を使う事の許可を頂いています。

このアオヤギを行う事で、より丁寧にろう付けをすることが出来ます。

 

おそらくこれを読んで同じようにやる方の中には

驚くほどろう付けが簡単に感じられるようになる方も出てくると思います。

 

・アオヤギでフラックスを乾かす→足りなければ爪楊枝ブラシで塗り足す

 

以前Twitterで「追いフラックス」「追いロウ」などと言って

張り合わせロウ付けでロウ追加
張り合わせロウ付けでロウ追加

ろう付けの途中でフラックスやロウ材を追加する様子を紹介しましたが、

あとからフラックスやロウ材を追加するには今回紹介した「アオヤギ」が不可欠です。

フラックスがちゃんと塗れているかどうかの確認にもなるので

オススメどころが彫金独学練習で「必須項目」です。

 

まずはやってみる

オリジナルで名前を付けていたりすると

「痛いやつだな~wwwww」と思うでしょうが、

取りあえず一回やってみましょう。

フラックスをどの程度の濃度に調節したらいいかというのもわかるようになります。

  • 火の強さ・当て方
  • フラックスの濃度の調整
  • 適切なロウ材の量
  • 母材全体の温度管理

少なくとも今回紹介した「アオヤギ」を繰り返していくと

上記の項目への理解度が確実に深まるので

絶対に今よりもろう付けが上手くなります。

 

まとめ

個人的な考えですが

  • フラックスを塗ってロウ材を乗せる
  • 火を当てる
  • 成功or失敗

これだけだと、ろう付け作業の要素を検証するための工程が少なすぎるため

ろう付けが余計に難しく感じるのだと考えられます。

今回紹介しているロウ付け工程「アオヤギ」をすることで

特に「火を正しく当てられているか」がよくわかるようになるので

独学でやっている方は絶対にやってみてください。

 

関連記事

こんにちはIMULTAの上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 今まで本ブログでは彫金における様々な工程のノウハウについて紹介していきま[…]

IMG

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

 

彫金の工具を買うにはAmazonプライムに入っておくと便利なので入っておきましょう。

バフ

こんにちはIMULTA(イムルタ)の上谷です。 独学で彫金を始めてなんやかんや15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 今日は彫金に関しての道具の保管に関してです。 さくっと書いていきましょう。

銅板への試し彫り

目次 1 こんにちはIMULTA(イムルタ)の上谷です。 こんにちはIMULTA(イムルタ)の上谷です。 急に気温が下がってビックリしましたね。 朝急いでいたので半袖で出かけてめっちゃ寒かったので 「えっ、これ10℃ないんじゃない?!」 と思ってビル […]

彫金のジュエリー

今日(2019.6.21)は29度まで気温が上がるそうです。 熱中症にお気をつけください。 今回は彫金の作業のデザインの発想から製作までの流れをザッと書きます。 物を作ってみたいけどデザインとか勉強したことないし思いつかない そんな人に向けた投稿です […]

彫金銀箸置き

こんにちはIMULTAの上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。   オリジナルの方法でガンガン色んな道具を作ったり日用品を使いまわしたりしていますが […]

リューター

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。   はい、今回は彫金の先端工具のお話第2回「穴を開ける」 先端工具系記事カテゴリー 彫金で使うリューターの先端工具 興味のある方はご覧ください。

張り合わせロウ付けでロウ追加
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。