MENU

【プロの彫金師がオススメする彫金工具!】初心者用から専門的な道具まで紹介

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。

彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

「ハンドメイド」を卒業して「彫金」をやってみたい方向けにどんな道具を揃えればいいか使用する道具を紹介します。

私は全ての商品を手仕事で作っておりますが、使う道具は結構少ないです。

色々と道具を買い集めて試した結果、基本として使っているものを紹介します。

目次

【プロの彫金師がオススメする彫金工具!】初心者用から専門的な道具まで紹介

それでは彫金で使う基本的なものから専門的なものまで道具・工具を紹介していきます。

・糸鋸

糸鋸

糸鋸[/caption]

貴金属の地金(金・銀・真鍮・銅)、を切るのに必要になります。

糸鋸の刃は必要に応じて太さの違うものを張り替えて使います。

スーパーパイク社の刃はザクザク切れる感じで直線とか緩いカーブを切るのに向いてます。

使い方はこの記事をご覧ください。

彫金で糸鋸を使う時は高さを考える

工具屋さんで期間限定で「こんなレアな刃があるんですよ~。」って勧められることがありますが(実体験)、期間限定のものは使い勝手が良くても継続して手に入りにくいので継続して手に入りやすいものを使うのをオススメします。

・彫金机

私が使っているのは専門店で売っているような机ではなくて中古屋で買った木のでかい机です。

正式な彫金机は作業の位置が普通の机よりも少し高めになっています。

正直慣れればどっちでもいいんじゃないのって感じですが、糸鋸で真っすぐ引く時は作業位置が少し高めの彫金机の方がやりやすいです。

さらに言うと収納がついていたり、段差のついた作業スペースがあったりと「彫金机」という専用の机なので便利なのは間違いありません。

私は高さ調節ができる椅子で高さを変えながら作業に適した高さであれこれやっています。

「正式な彫金机じゃなきゃちゃんと作業できないよ。ニヤニヤ」

みたいな言い方する人がいますが(実体験)、鍛金の作業の時なんかは切株の上だったり金床の上だったりとあちこち作業する場所も高さも変わるので正直変わらないと思います。

慣れです慣れ。

ただ「机とか今から買うよ。」という方はちゃんとした彫金用の机買いましょう。

・すり板

作業するために机に固定して使う板で、切ったり磨いたりの作業で必要になります。

彫金(模様を彫る方)だけがしたいという方にはぶっちゃけいらないかも。

すり板は自分で使いやすいように形を変えて使うものなので市販のものを買ったらノコギリで切ったり、ヤスリで削ったりします。

自分が使いやすいようにできればいいので「こうしなくてはいけない。」といった決まりはありません。

YouTubeで海外の作家さんなんかはすごい便利そうな市販品のすり板を使っているので

海外のサイトから買ってもいいかもしれません、ただあくまで自己責任でお願いします。

2019.12.03追記

最近は形状がすでに加工された、すり板が販売されているので模様を切り抜く作業(透かし)をやりたい人は最初から加工されたものを使用した方が便利です。

・ヤスリ

ヤスリとキサゲ

ヤスリとキサゲ

ヤスリはホームセンターで売ってるもので充分なので、2種類ぐらいの形のやつを大きいのと小さいので2本ずつ持っておけば十分です。

専門的な工具でめちゃめちゃ細いマイクロヤスリと言うのもあります。

アクセサリーのパーツをちょっとだけ加工したい人は、マイクロヤスリの方がオススメです。

私が複数のヤスリを持っている写真の一番右の道具はキサゲと言います。

プラモデルを作ってる人なんかにはスクレーパーと言った方が分かりやすいと思います。

超硬のタングステン製のものであればプラモ用に使っていたものでも十分金工に使えます。

これはなくても作ることはできます(ただ大して高くないしあった方が便利)

・切削油

切る・削るなどの作業は継続していると、道具と作業している銀などの地金の両方が熱を持ちます。

熱を持った状態で継続して作業すると工具が劣化して作業効率が落ちるので、切削油を使用するのがオススメです。

ホームセンターでも販売されている「ラスペネ」は元々は防錆油(錆びを抑える油)ですが、これは切削効率も上げてくれるので、私は頻繁に使用しています。

特にドリルで金属に穴を開ける時は絶対に油を使いましょう。

ドリルは摩擦熱が一点に集中するので使わないとあっという間に切れ味が落ちます。

ドリルオイルとラスペネ

ドリルオイルとラスペネ

ステンレス用のドリルオイルなど色々と使ってきて最終的に管理のしやすさとお値段・容量的にラスペネに行きつきました。

サラダ油でも変わらないと言っている方もたまにいますが、用途目的が違うので油の粘度が全然違いますし、あまり高熱になった場合発火する可能性があります。

・金槌

おたふく槌

おたふく槌

写真の金槌は彫金用の「おたふく槌」という金槌です。

彫金専用の金槌ですが、小さい金槌なら何でもいいと思います。

こだわるなら「据える」工程とかいろいろありますが、普通の人にはそこまでやる人はいないと思います。

私も金槌の柄の底を丸めたりとかは省いてます。底は平らにした方が道具の加工(爪楊枝ブラシを作ったり)に使いやすいです。

金槌に関してはまた別の記事でまとめているのでご覧ください。

少し専門的な彫金の工具

冒頭で紹介した工具5つがあれば何とかなります、最悪ルーターはなくても中世ヨーロッパや江戸時代の職人は手動で作っていたので頑張れば作れます(※ただとても時間かかります)

ここからはさらに専門的な道具の紹介です。

・タガネ

毛彫りタガネ
毛彫りタガネ

彫り方は色々ありますが、どの彫り方もかなり練習が必要になります。

興味のある方はタガネについて詳しく記事がありますので、そちらをご覧ください。

・リューター

リューター

リューター

一般的に使われている機械工具で、ちゃんと使えるものは大体4万円ぐらいします。

上の画像のリューターは10年ぐらい使って未だに現役で使えています。

「Mr.Meister HP-300」というリューターで、フットペダルの踏み込み具合で回転数を変えられるうえにオーバーヒートしにくいのとオーバーヒートしても復旧が早いリューターです。

このリューターのひとつ前に「Mr.Meister HP-200」というのを使っていましたが、これはオーバーヒートしやすいのとオーバーヒートしてから復旧するまで時間がかかるので、「Mr.Meister HP-300」かそれ以上の性能を持ったリューターを使った方がいいです。

1万円ちょっとしか変わらないので買うんだったら間違いなくMr.Meister HP-300の方がいいです。

リューターの安いやつは結構安価で、1万円ぐらいの安価なリューターは私は使ったことないんでどれがいいとかはわからないです。

2019.9.12追記

このブログをご覧いただいた方に「このリューターでも使えた。」と教えていただいたので共有させていただきます。

アクセサリー作りに便利!!彫金のシリコンポイント

これは少し古いタイプのようで20000円ぐらいの最新型も出ているようですが、

お使いになったのはこのタイプという事でしたので一緒にご紹介させていただきます。

・リューター&各種先端部品

リューターの先端工具

リューターの先端工具

先端工具に関しては他の投稿でも書いてますので興味のある方はご覧ください。

先端工具紹介カテゴリー

※リューターがなければ先端工具はいりません。

先端工具に関しては膨大な種類があります。

・先端工具を選ぶときの例

例えば趣味のハンドメイドレベルで「磨き」に使いたい方は目の細かいシリコンポイントを買っておけば大体のものは磨けると思います。

研磨には「バフ」と呼ばれるものがあるんですが、それを買うと今度は研磨剤が必須で結構お金がかかるので気軽にハンドメイドを楽しみたい方にはオススメできません。

シリコンポイントは粗いものから磨き上げる最終仕上げに使えるものまで幅広くあるうえで、基本的に「削るための先端工具」という認識がなぜか強いです。

そのため工具屋さんで磨くための先端工具を尋ねると「バフ」をオススメされる可能性が高いので私のような「結局最終的に全部試すから多少外れを引いてもいい」タイプでなければ慎重に選びましょう。

・ロウ付けで使用する工具と薬品

ロウ付けをやりたい人はバーナーなどが必要になります。

銀ロウだったりフラックス・ディクセルといった薬品など色々な道具が必要になるのでここでは割愛します。

ロウ付けをするうえで必要な道具と安全対策についてこちらの記事で紹介しています。

当然ですが火を扱う作業は火事の原因になることもありますのでやる人は気を付けてください。

作業にはこれらの道具を使いますが使い方も色々あるので、ぜひ安全対策の記事からご覧ください。

ロウ付けの練習に適したシルバーリングの作り方を紹介した記事をこちら

この記事で紹介しているロウ付けの方法は初心者向けではありません

「とにかく強い火力でくっつけば成功のロウ付け」から「適切な薬品の量と適切な火力のロウ付け」にステップアップするための練習用になります。

これからロウ付けを始めてやってみたいという方はこちらから

・ヤニ台

ヤニ台は松脂を使って彫金する対象を固めた台です。

自分で作る工具で、百均の鍋とか使って松脂をトロトロにして作るので、油断すると大火傷します。

松脂を火にかけて溶かしたら、オリーブオイルなどを混ぜてトロトロ具合を調節します。

彫金するアクセサリーやジュエリーの固定には、ヒートクレイ・モデリングコンパウンド・松脂と方法が色々ありますが

それぞれ利点があって何でもかんでも松脂を使うわけではありません。

中が空洞のものは私は松脂を詰める一択ですけどね。

松脂

松脂やモデリングコンパウンド・ヒートクレイなどの固定アイテムに関して詳しくはこちら

アクセサリーやジュエリーのお手入れの道具

真鍮やシルバーアクセサリーのお手入れにはホームセンターで購入できるものも活用できます。

ホームセンターで購入できるアクセサリーのお手入れに使える道具
  • ピカール
  • 液体コンパウンド
  • 研磨フィルム

ストッキングなどもアクセサリーの研磨布として使えます。

簡単なお手入れであれば専門店にも置かれていて、一般的でも販売されているこちらがオススメです。↓

洗浄液とクリーニングシートです。

ホームセンターなどで販売されている物よりも値段は張りますが、その分効果は抜群です。

お手入れに興味がある方はこちらの記事をご覧ください。

シルバーアクセサリーの簡単なお手入れの方法!

まとめ

基本的な道具さえあれば、あとは切って叩いてを延々と続ければ完成します。

リングを叩く様子。
叩いて整形

色々と技術云々の話もありますが、基本的にコツコツやってればキレイなものはできます。

もし作ってみたいな~と言う方は上記の道具を揃えてトライしてみてください。

そこから派生して自分の作りたいものに特化した道具を揃えていくのがオススメです。

「技術があればどんな道具でもいいんじゃないの??」と考える方もいると思いますが(イベントとかでたまに言われます)、

これは完全に間違いです。

基本的に準備が大事なので腕がいい人は道具もちゃんと用意しますし、新しいものが出たら勉強します。

薬品もちゃんと煮詰めて水分調節したり管理してるし、固定に使う松脂も油を足して粘度調整してたり。

道具の状態で仕事の進み具合も変わってくるので私も管理してます。

【道具を正しく選んで使いこなすのも腕のうち】

このブログでは工具の紹介もしていますが、人によって合う合わないはあるのでまずは試してみましょう。

例えばシリコンポイントでも松風製(京都の会社、もともと歯科技工士さん向けの工具を作っている会社さんです。)のものとEVE製(ドイツの会社、世界で一番使われている会社さん)のものがありますし使い勝手は全然違います。

正しく選んで使いこなすというのは自分に合った工具を見つけて使いこなすという事です。

【あと人の意見は大事だけど、ソコまで当てにしない!!】

上でも書いてますが特に道具は使っている人間によって使っている感覚が全く違うので、同じように使えるとは限りません。

どのくらい使い込むかにもよって違うので人からのアドバイスはほどほどに聞いておいた方がいいです。

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

彫金を独学でやってみたい方はこちらの記事をご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる