NO IMAGE

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今回は彫金ハウツーで、小道具の作り方について書きたいと思います。

彫金での爪楊枝の使い方

今回の彫金ハウツーですが完全に私のオリジナルの使い方です。

多分他の人に聞いても全然ピンとこないはず。

過去に書いたブログの補足です。

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

彫金で使用するタガネと細かな工具の作り方を紹介しています。細かい工具を自作できるようになると出来ることの幅が増えるので、…

あくまで今回はわかりやすく一部分だけ書きます。

爪楊枝は有能

今回はまずは爪楊枝ですね。

多分色んな工房さんでも使ってるんじゃないか?というぐらいに便利です。

コスパいいし、汚れた時にポンポン捨てることができる道具があると作業はめちゃめちゃ早くなります。

 

爪楊枝ブラシ

以前紹介したものだと爪楊枝ブラシ。

汚れを取る時に色々と使えます。

張りがあるので真ん中あたりを揉んで柔らかくして奥まったところを擦り洗いすることもできます。

あと散々使って汚れた後に超音波洗浄機で洗って使いなおせるので意外と息が長い道具です。

 

先端がブラシ上に広がった状態で軽く濡らして銀ロウを設置するのに使えます。

作り方

爪楊枝の先端を濡らします。

金槌の柄の底で濡らした部分を揉みます。完成。

一応作り方は上記の通りですが洗浄の時に固まった研磨剤を爪楊枝の先端で擦っていれば勝手に出来上がります。

zippoの中に詰めた松脂をこそぎ取る時は研磨剤が付いてるとまずいのできれいな状態で揉んで作ります。

そのうち画像を上げます。

爪楊枝やすり

紙やすりとあわせて作る爪楊枝やすりも便利です。

細かい部分を削るのと側面があたるとまずい場所を削るのに使います。

作り方

両面テープをつけて紙やすりを貼り付けます。

これは誰でもわかりますね。

炭研ぎの代わりに使うことができます。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

このように金属に、模様を彫り入れる仕事をしています。
彫金のオーダーもお待ちしております。
IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。