工房の写真

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。

寒いながらも最近の東京は天気も良くていい気候です、私は生まれつき喉と肌が弱いので乾燥しすぎないように気を付けています。

と、おっさんのどうでもいいお肌事情を挨拶代わりに書いたところで今回の彫金の話に入りたいと思います。

いつも通りですが、私なりの練習方法を書いているので「こんな方法もあるんだなぁ。」ぐらいで読んでください。

では彫金のブログ第7回始まり始まり~。

え~今回はタイトルの通り毛彫りタガネの彫り方の練習方法その2です。

タイトルの最後についてる数字は何回目の投稿かを記録するために番号を振っているだけなので大した意味はないです。投稿の数が増えてくるとわかんなくなってくるので自分のために付けてます。

前回の毛彫りタガネの彫り方練習方法その1では真っすぐ彫るための練習方法を書きましたが、第2回では私の偏った考えと爪を立てるための練習なんかを説明します。

他の毛彫りタガネ関係のブログはこちら

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

目次 1 こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。2 毛彫りタガネの彫り方練習その12.1 真っすぐ彫る2.1.1 気を…

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

目次 1 こんにちはIMULTA彫金師(イムルタ )の上谷です。2 毛彫りタガネの彫り方その32.1 毛彫タガネの爪立て…

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

目次 1 こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。1.1 筋彫り1.1.1 呼び方色々1.1.2 地味だけど…

毛彫りタガネの彫り方練習その2

曲線の毛彫りタガネに関して

毛彫りタガネで曲線を彫る時には曲線彫り用の毛彫りタガネが必要になります。

毛彫りタガネ
毛彫りタガネ

写真の毛彫りタガネは直線彫り用です。

直線彫り用というか直線を彫るのに向いてます。やろうと思えば曲線も彫れます、ちょっと大変だけど。

曲線用の毛彫りタガネはタガネの上の方が曲線になっています、なだらかなドーム型のような。

直線用の毛彫りタガネで曲線を彫ろうとするとカクカクとした筋が出やすいです。なので直線用の毛彫りタガネ

彫る時はめちゃくちゃ細かく叩くなど気を使う必要があります。

結果、毛彫りタガネで曲線を彫ろうとしたら曲線に向いたタガネを作った方が楽です。

 

彫り方、IMULTA流

今まで片切タガネの彫り方の時も書いていますが曲線を彫る時の動かし方は一緒です。

カーブがきつくなる部分では直線部分よりもタガネを細かく叩く。

ただ毛彫りタガネの場合曲線を彫る時はタガネが傾きやすいです、傾けて彫る時もあるのですが練習の時は彫り跡が傾かないように気を付け方がいいです。前回の毛彫りタガネの彫り方その1の時に書いたようにどの程度彫った時どのようになるか、どう彫りにくくなるか、どういった癖があるかを確認して自分の体型にあった彫り方を見つける必要があります。

ちなみに思った通りに彫れていない時はタガネが金属に引っかかっているような、持っていかれるような感覚になります。

自分側に問題がある時は

  1. 毛彫りタガネを傾けて彫っている。
  2. タガネを打つ回数が足りていない。

この可能性が高いです。

ただ道具的に

  1. タガネが欠けている。
  2. ちゃんと研げていない。
  3. そもそも左右対称の毛彫りタガネじゃない。
  4. よく見たら真っすぐ持った時に刃が水平にならない、刃先が全体的に傾いている毛彫りタガネだった。

という事もあるのでまずは毛彫りタガネがちゃんとしてるか確認した方がいいと思います。

買う人は買う時に、研ぐ人は(多分いない思うけど)研ぎあげる時に。

……ッッッ

特にⅣは

ホンットになかなか気づけない!!!

もう文字大きくして太くして傾けちゃうね、おまけに赤くしとくよ!!

そもそもかよっ!!っていうね、この無駄な練習時間返して!!ってなる。

Ⅰ~Ⅲをクリアしてるタガネは普通に彫る事自体に問題がないから自分の技術の問題だと思っちゃうのよ!!

気づいたときビックリする!

「24」シーズン1のニーナぐらいビックリする!!

お前かーーっつって!!

……

 

まずは道具を疑いましょう。

 

 

タガネの彫り方、体の動かし方編

そもそもこれを最初に書くべきじゃないの?って感じですが、なので段落大きくしてます。

個人的にはきれいに彫れれば持ち方も体の使い方も何でもいいじゃんって思ってますが、

一応「IMULTA的にこうしたらいいんじゃない?」のコーナーです。

持ち方

まずタガネの持ち方は自由、私は人差し指、中指、親指の3本で持ってますが大きいもの(装飾パネルとか面積が大きいもの)を彫る時なんかは人差し指と親指2本だけで持つ時もあります。ぶれなきゃ何でもいいと思ってます。

2本指の時は食い込んでいるタガネの刃先を支点にしてます、作用点であり支点。支点といっても体重をかけるわけではなく刃先がぶれない程度に軽く添えるぐらいです。

 

体の使い方

上半身は両肘を肩まで上げて、彫り進めるのに合わせて背骨を中心に肩甲骨を回す感じです。←これはあくまで超基本的なことなので彫り方によっていろいろです。曲線彫るなら大事なポイントです。

慣れてくると肘をそこまで上げなくてもうまいことやれますが、急なカーブを彫る時なんかは肘をグーッっと上げるのを意識した方がいいと思います。手首だけをクイッっと回すよりも大きく彫りを回すことができますし、手首だけで回すとタガネの角度が変わりやすいので均一の太さで彫りにくいです。

あとは骨格が違うので自分に合った方法を確認してください。

動画で手首でクイクイ打ってますが、正直なところ実演の時は手首打ちした方が見栄えがいいんですよね。

魚子打ちの時はやんない方がいいですが、練習の時は彫りの時もやんない方がいいですよってことです。

 

ここから超個人的見解

え、ここまで話してきて今更??

って感じですが曲線を彫るなら片切タガネでいいと思います。

毛彫りタガネは彫った跡が「V」の形になりますが、片切タガネは「レ」の形になります。

傾ければ一緒。

これはとある高名なエングレーバーの方もお会いしてお話させていただいたときに仰ってました。

青海波とか伝統柄彫ってる方は違うと思いますけど。

彫金装飾パネル
彫金装飾パネル
彫金模様を入れたzippo
彫金模様を入れたzippo

画像の彫金模様は全部片切タガネと魚子タガネで彫ってます。

私は曲線彫り用の毛彫りタガネあんま使わないです。

毛彫りタガネを使うのは石留、彫り留めの時、模様に直線を細かーく入れる時ぐらいですね。

もっと細かく言うと曲線彫り用の毛彫りタガネは陰影を彫る時に使うんですが、これはあんまり一般的ではないので割愛します。

多分絵とか描く、デッサンとかする方は「あ~。」ってなると思います。

あのデッサンとかでめっちゃ線が入ってる絵を思い浮かべるとわかりやすいんですがそういった陰影の線を彫る時ですね。

ここまで書いといてなんだよと思うでしょうがそんなもんです、練習方法として書いていることは全部のタガネで応用できることなので読んでおいて損はないですよ^^ニッコリ

ちょっと長くなったんで爪を立てる彫り方とかは次回の投稿に回しま~す。

 

ではいつも通り

最後にショップとかのお知らせです。

今後のスケジュール

5/30(木)~6/1(土)

横浜赤レンガ倉庫手作りの会

 

6/2(日)

東京アートクラフトフェスタ

in浅草橋「東商センター」3F展示場

 

7/20~7/21(土日)

Hand Made Japan Fes 2019

in東京ビッグサイト

 

ご来店お待ちしてます(^o^)/

遠方で見に行けないという方は
私の商品のオンラインストアもありますのでよかったらこちらからご購入ください。

[inbound_button font_size=”20″ color=”#4285f4″ text_color=”#ffffff” icon=”arrow-circle-o-right” url=”https://www.imulta.shop/” width=”” target=”_self”]オンラインストアへ[/inbound_button]

 

そして各有名サイトでも販売しているのでそちらからもぜひどうぞ。

[inbound_button font_size=”20″ color=”#1da1f2″ text_color=”#ffffff” icon=”arrow-circle-o-right” url=”https://www.creema.jp/c/dwarf” width=”” target=”_self”]Creemaはこちら[/inbound_button]

 

[inbound_button font_size=”20″ color=”#1da1f2″ text_color=”#ffffff” icon=”arrow-circle-o-right” url=”https://www.iichi.com/shop/Choukinyorozuuetani” width=”” target=”_self”]iichiはこちら[/inbound_button]

 

[inbound_button font_size=”20″ color=”#1da1f2″ text_color=”#ffffff” icon=”arrow-circle-o-right” url=”https://uetani.thebase.in/” width=”” target=”_self”]BASEはこちら[/inbound_button]

それぞれ作りが違うので是非ご覧ください。

IMULTAロゴ

 

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【twitter】

【Facebook】

IMULTA by彫金萬 - 「いいね!」279件 - 彫金技術で構築した世界観を提供します。 ロココ調、モノとモノと…

【instagram】

506 Followers, 835 Following, 440 Posts - See Instagram phot…

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

工房の写真
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。