工房の写真

IMULTA彫金師の毛彫りタガネの練習方法その1~103

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

 

それでは今回の彫金ハウツーを書いていきたいと思います。

彫金ハウツー第6回始まり始まりー

今回の彫金の練習方法紹介はタイトルの通り

「毛彫りタガネの練習方法」です。

ちなみに私が初めて自作したのは毛彫りタガネ。

いつも通り書いておきますが、あくまで「私が練習してきた方法の紹介」なので

「こんな方法もあるんだな~」ぐらいで読んでください^^

毛彫りタガネの彫り方練習その1

毛彫りタガネは毛のような筋を彫れることから毛彫りタガネという名前がついています。

用途としては線を彫る以外に超大事な「石留めの爪を作る」という使い方があります。

今回は初めの線の彫り方について書きます。

・他の毛彫りタガネのブログはこちら

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

彫金で金属に模様を彫る時の練習方法の紹介です。ごくごく基本的な内容ですが上達するうえでは大事な部分になってきます。シルバ…

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

彫金の毛彫りタガネを使って宝石を留めるための爪を立てる彫り方を紹介しています。毛彫りタガネで彫って立てた爪を魚子タガネを…

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

彫金で使用される毛彫りタガネの彫り方を紹介しています。特に硬い金属やバランスが重要になるようなものを彫る時に下書きのよう…

真っすぐ彫る

まず最初に練習するのは直線の彫り。

これは奥から真っすぐに手前に引いて彫っていきます、めちゃめちゃ単調な練習なので途中で飽きると思いますが淡々と続けてください。

タガネの向きを真っすぐ向けるポイントはタガネを叩くお尻の部分が自分に向かって平行になるようにすると真っすぐになりやすいです。

刃先を自分に真っすぐになるようにするのではなく、

タガネのお尻が自分と平行になるようにします。

気を付けるポイント。

これはどの練習もそうですが特に直線の練習でなりやすいのが細かく叩かずにめんどくさくなって強く叩いて、叩く回数を少なくして早く終わらそうとすることです。

はじめは「めっちゃ彫金ぽいことしてる~~!!」ってんで夢中になってやりますが、段々と他の片切タガネだ、甲丸タガネだ曲線だ立体彫りだと練習していくと毛彫りタガネの直線の練習はスーパー適当になります。あくまで経験談ですが、、私がなったっていうだけなんでアレですけどね^^;

どの練習も細かくタガネを叩くことは常に心がけた方がいいと思います、うまくなる云々の前にタガネが欠けまくります。コスト的にも初心忘れるべからずです。

練習のポイント

人それぞれですが、まず私が練習してて「で、できない、、」となったポイントは真っすぐ彫れないということと同時に同じ深さで安定して彫れないということでした。

深かったり浅かったりするせいで線が太い→細い→太いといった不均一の線が出来上がります。

なので、どの程度傾ければどの程度の太さで彫れるのかを確認する練習をした方がいいと思います。「何度傾けるか?」というのは人間の体型・骨格が違う以上人それぞれなので自分で確認するしかないです。

目線はどこを見たらいいという人がいるかもしれませんが、それは彫る先を見るしかないのであんまり関係ないと思います。タガネのお尻の向きを気をつけましょう。

私が気を付けているのは手前にタガネを引いて彫っていくと自分に近くなるほどタガネの左右に傾きをキープするのが少しですがしんどくなるので、左右の傾きが真っすぐになるように気を付けています。

実際に指輪やそれ以外のアクセサリー・ジュエリーに模様を彫る時はそこまで手前に引くことがないのでまり関係ないですが、自分が思っている左右の傾きで彫れていない状況だと当然思っている通りには彫れません。この症状を直さないままだと後々片切タガネで模様を彫っている時に特にうまくいかなくなります。

ちなみになんでうまくいかなくなったかは意外と自分で気づきにくいので練習するのであれば最初からめちゃくちゃ気を付けた方がいいです。私のようになまじ慣れてから矯正しようとすると傾くのが癖になっているのでスゴイ大変です。

道具的に気を付けた方がいいポイント

以前からブログで「タガネはちゃんと研いだ方がいい」と書いていますが、彫りの技術はビックリするぐらい道具に依存します。できないできないと思っていた彫り方がちゃんとした道具に変えた途端にできるようになる事もあります。道具が良ければ何でもいいわけではないのですが、自分の練習不足だと思い込んでできない時間を続けていると苦痛になってくるので自分だけではなく道具も疑ってみましょう。

タガネを自分で作れるようになって初めて一人前の彫金師と言う方がいますし、一般的にそう言われますが私は正直ちゃんと模様が彫れればどうでもいいと思います。

タガネ、、、、買っちゃいなよ!!!!

私自身はタガネは作りますし、研ぎ直しもします。

ただそれは私の好みの刃の幅があったり鋭角なタガネがいいなどの好みがあるのでやっているだけです。ちなみに赤タガネや青タガネから作るのは常タガネがメインで、片切りタガネ・毛彫りタガネ・甲丸タガネは超硬タガネ(そのままでも彫れる状態)を買って自分の好みの刃の幅に削ったり研ぎなおしています。魚子タガネは完全に市販品を買っています。

※どこで買うか?→シーフォース・GOSHO・コモキン。全部御徒町、営業時間が長いので直接行くならシーフォースがおすすめです。

このブログで練習方法を見ている人は

どこかのどなた様かに「お前は一人前の彫金師だ!!」

と認めてもらいたいわけじゃないと思うのでタガネは市販品を買うのをオススメします。

欠けたりしたときはすぐに代わりが用意できますしね。研ぎなおしの技術等を身に着けたいなら別ですが「模様を彫る」という部分以外に興味がないならどんどん買いましょう。

そこでもう一個気を付けたいポイントですが、市販品でも自分で作ってもそもそもの毛彫りタガネが左右均等にできていなかったりします。

買う時に気を付けるのとそういったタガネだった場合は左右均等でない、どっちに傾いているかを踏まえたうえで彫った方がいいです。

 

結局どう練習するのか?

  • 均一の深さで彫れるタガネの傾きを確認する。
  • 毛彫りタガネが左右で傾いてないか気をつける。
  • 毛彫りタガネ自体がちゃんとしているか気を付ける。
  • 慣れてめんどくさくなってきたら細かく叩くことを意識する。

こんなところでしょうか?

今回もなんだか長くなってしまいましたが読みづらくはないでしょうか?

読みやすくなるようにパソコン本を読みながらのんびり改善していく予定です。

 

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

工房の写真
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。