MENU

ろう付けのやり方記事まとめ6選、読む彫金教室。

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今まで本ブログでは彫金における様々な工程のノウハウについて紹介していきました。

本記事ではろう付けを行ううえでの安全対策や、必要な道具、筆者が得てきたノウハウを書いた7つの記事をまとめています。

ろう付け作業の参考になれば幸いです。

目次

ろう付けのやり方記事まとめ6選

各記事でも注意喚起として書いている内容になります。

ろう付け作業は火を使った作業なので、行う場合は十分な安全対策を取ってから行ってください。

火事になっても私(上谷)とIMULTAの関係者は一切の責任を負いません。

 

ろう付けに安全に関して

冒頭でもお話した通り安全対策が非常に重要です。

ろう付けを行う前に事前に用意しておくものを紹介しています。

少しでもろう付け作業をやったことがある方には不要かもしれませんが、入門者向けの記事です。

少し入門者向けとは違う内容としてフラックスを管理する工程について紹介もしています。

彫金のろう付けのやり方、安全対策と道具の紹介

 

ろう付けの作業に関して

ろう付けの一般的な作業手順について紹介しています。

ろう付けの作業は2通りの方法に分かれます。

それぞれの方法を使用する道具と共に紹介した記事です。

彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

 

異素材(ゴールドフィルドなど)とのろう付け

ハンドメイドブームに乗ってゴールドフィルドが流行った関係で、

各地のイベントでゴールドフィルドのろう付け方法を頻繁に聞かれました。

この記事ではゴールドフィルドだけではなく銀ロウを使った異素材とのろう付けについて

指輪の実例と共に紹介しています。

異素材のロウ付け方法とゴールドフィルドのジュエリー紹介

 

ろう付けの温度管理について

ろう付けをよりやりやすくするための温度管理について書いています。

どのように火を当てるかという事と温度を管理しやすい環境を用意する重要さについて紹介しています。

温度管理を細かくすることで出来るようになる固定方法や

フラックスの調節方法も書いた記事です。

ロウ付けの温度管理についての考え方

 

ろう付け作業の工程を増やすことで検証する

ろう付け作業の中で「フラックスを乾燥させる」という工程を増やすことで

ろう付けの精度を上げるために作業内容の検証をします。

丁寧に作業する事で一つ一つの工程に対しての理解を深めます。

ろう付けでフラックスの火の当て方を紹介、丁寧なろう付けで作業への理解を深める。

 

ろう付けで石留するための爪を立てる

彫金で宝石を留めるときの爪をろう付けする方法を紹介しています。

爪をどのようにロウ付けするかという事をもとに

ろう付けを行う際の固定方法の考え方についても書いています。

彫金の石を留める爪を立てるロウ付け

 

まとめ

記事は他にもありますがロウ付けに関しての記事をまとめました。

彫金に置いてのろう付け作業は人それぞれ作業工程が少しずつ異なってきます。

しかし今回紹介した記事はどれも基本に則したものになるのでロウ付け作業で精度が上がらない方は紹介されている方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

ロウ付け関係の記事の一覧はこちらからご覧ください。

ロウ付けの記事まとめ

 

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる