MENU

真鍮をネジって作る、より線リングの作り方

より線リングの作り方
  • URLをコピーしました!

副業が盛んになってハンドメイドブームが訪れて久しい今日この頃。

今回は真鍮線をネジって作る「より線リング」の作り方を紹介&解説します。

より線リング自体は非常にシンプルな作りですが多くのデザインの基本になるリングです。

\IMULTAのオンラインショップはこちら/

目次

彫金やハンドメイドの超基本になる「より線リング」

高評価をいただけると動画製作のモチベーションになります。

高評価ボタンを押すことにデメリットはありませんのでご協力お願いします。

真鍮をネジってる作るより線リングの作り方

より線リングはハンドメイドを始めた方がなんとなくで作ってみたくなるリングの代表的なデザインと言えるでしょう。

ただそれ自体はシンプルな作りなので

覚えたところで大したものは作れないでしょwww

このように感じる方もいるかもしれません。

しかし基本の作り方と技術を理解しておくと以下のアイテムの製作方法に発展します。

より線リングの作り方から派生する技術

  • アンティーク系のデザインの指輪など(植物系のデザインやカンティーユ・フィリグリーなど)
  • ストリート系のゴツめのツイストリング(ねじった後に表面を平面に叩いた鎖のようなリング)
  • インディアンジュエリーなどでよく見る覆輪周りの縄飾り

ツイストリングはストリートアクセサリー限定ではありませんがイメージしやすいように書いています。

当然ですがねじった後のリングに覆輪をつけて石留めするなど、他の技法と組み合わせてデザイン性を高めることも可能です。

リューターなどの機械工具が無くても出来るハンドメイドアクセサリー

より線リングはリューターなどの機械工具が無くても製作が可能です。

リューターがあった方が効率的・簡単に製作できるので使ってはいけないという事ではありません。

リューターはこちら↓

今回は100均一などで売られているフックを使って真鍮線をねじります。

手回しドリルを使うと簡単ですがフックだけでも作業は可能です。

高評価をいただけると動画製作のモチベーションになります。

高評価ボタンを押すことにデメリットはありませんのでご協力お願いします。

出来るだけ機械工具は使用しないようにしているので興味のある方は挑戦してみてください。

IMULTAでした。

真鍮アクセサリーの作り方をまとめた記事はこちらからご覧ください。

今回のより線リングの作り方を応用したリングの作り方はいくつもありますが、そのうちの一つとして覆輪留めと組み合わせた真鍮リングの作り方をこちらの記事で紹介&解説しています。

リング自体の形状は難しそうに感じるかもしれませんが作業工程も多くなく、多少フォルムが崩れたとしてもそれっぽく見えるのでオススメです。

ロウ付けの回数が多くなるので安全対策を十分に行い火事に気を付けて行ってください。

より線リングの作り方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次