MENU

シルバーアクセサリーの簡単なお手入れの方法!

こんにちは彫金師の上谷です。

15年以上独学で彫金をやって現在はプロの彫金師としてご飯を食べています。

 

シルバーアクセサリーは多少のくすみであれば「味」として楽しむことも出来るのでお手入れを後回しにしている方もいらっしゃると思います。

  • しまっていたシルバーアクセサリーを久しぶりに出したら黒くくすんでいた。
  • 温泉に入ったら真っ黒になってしまった。
  • お手入れをしたいけどどのようにしたらいいか分からない。

どれもシルバーアクセサリーのお手入れあるあるですよね?

今回の読む彫金教室は「シルバーアクセサリーのお手入れ&保管方法」について書いていきます。

 

家にあるもので出来る簡単な方法方紹介しますが、プロが仕事で使う方法も紹介するのでお手元のシルバーアクセサリーのお手入れの参考にしてみてください。

今回紹介する方法は真鍮のアクセサリーのお手入れにも応用できます。

お酢だけじゃない!?真鍮アクセサリーの簡単お手入れ方法

 

目次

まるで新品!?シルバーアクセサリーのお手入れの簡単な方法!

では最も簡単な「家にあるもので出来るシルバーアクセサリーのお手入れ方法」から紹介します。合わせて簡単な保管方法も紹介します。後半では東急ハンズなどでも買える専門道具も紹介しますので、どの程度お手入れしたいかによって揃える道具を選んでください。

 

それでは最初にお手入れに必要な道具を紹介します。

シルバーアクセサリーのお手入れに用意する道具

  • 歯ブラシ(硬さは「やわらかめ」)
  • 歯磨き粉・洗車用の液体コンパウンド
  • ストッキング(伝線して使わなくなったものなど、新品よりクタクタのものがいいです。)

それぞれ簡単に説明します。

・歯ブラシ

日常的についた傷や立体的なデザインのシルバーアクセサリーの隙間や窪んだ部分に詰まった汚れを掻き出すために使います。

ブラシの硬さが「かため」の場合いぶし銀の黒く燻した部分が剥がれる場合があります。

歯ブラシにも色々ありますがオススメの歯ブラシはルシェロ、私は実際に仕事でも使っています。

 

・歯磨き粉・洗車用の液体コンパウンド

歯磨き粉の裏表記

歯磨き粉の裏表記

歯磨き粉の裏面を見ると「清掃剤・洗浄剤」などの表記があります。

これは研磨剤が含まれているのでシルバーアクセサリーを磨くことが可能です。

 

また洗車用の液体コンパウンドはシルバーアクセサリーを磨くのに最適です。

シルバーメッキの場合はメッキが剥がれてしまう可能性がありますが効果的に汚れを取り表面を磨くことが出来ます。

液体コンパウンド

液体コンパウンド

↑これはスポンジもセットになってるのでお得です。

 

・ストッキング

研磨布を持っている方中にはいらっしゃると思いますがあまり一般的ではないと思いますので家にあるものの中で一番シルバーアクセサリーのお手入れに向いている布がストッキングです。

ストッキングの厚みはそこまで気にする必要はありません。

ただ新品のものよりも使い古しにクタクタになったものの方がお手入れに向いています。

 

シルバーアクセサリーをお手入れする手順

お手入れの手順

①歯ブラシで軽くこすって大まかに汚れを落とします。

ぬるま湯に浸けて汚れを浮かしておくと汚れが取れやすいです。

ただ【お湯の温度は高くても43度ぐらいまで←※重要】熱過ぎると付いてる宝石が割れる可能性があります。

炭酸水で汚れを浮かす方法を紹介している方もいますがぬるま湯の方が汚れが浮くのでお手入れにはぬるま湯の方がいいです。

 ※注1:琥珀や象牙・ターコイズは水に弱いので水に漬けないでください。変色したりシミになったりします。

※注2:真鍮のアクセサリーは絶対に熱湯(60℃以上)につけないようにしてください、しっかりとしたメッキがされていない限り銅色に変色します。

 

②歯磨き粉をつけてストッキングで磨きます。

ちょっと使い古したぐらいの柔らかくなったストッキングが、より磨きやすいです。

また先程書いたように洗車用コンパウンドでもかなりきれいに磨くことが出来ます。

 

③お湯でゆすぎます。

最後にお湯でゆすぎます。

熱湯を使うのは厳禁、お湯を使ったとしても43℃ぐらいがオススメです。

液体コンパウンドを使用した場合はお湯でゆすがずにそのまま柔らかい布で磨いてコーティングしてもキレイに仕上がります。

簡単ですがこの方法でかなり汚れが落ちます。

 

◆補足◆

さらに細かくやりたい方は除光液をかけてみてください。

ただし除光液は燻し(模様の部分を黒くする装飾、クロムハーツとか思い浮かべてください)が甘い商品だと黒いのが取れてしまうので注意してください。

燻してあるやつには除光液はかけない。

 

除光液にはアセトンという液体が含まれています、この液体はメッキを剥がす力があるので拙い(昔の)メッキの場合、除光液程度のアセトンの濃度でもメッキが剥がれる場合があるのでお気を付けください。(※最近のメッキはそうそう剥がれません。)

お酢だけじゃない!?真鍮アクセサリーの簡単お手入れ方法

↑真鍮のお手入れ方法の一つとして重曹を使ったお手入れ方法を紹介しています。

 

シルバーでも使用できますが燻し(黒く染めている部分)が取れてしまうので気をつけましょう。

 

アクセサリー・ジュエリーの保管方法

クリーニングの依頼をされる方は大体久しぶりに出したら黒ずんでたという方がほとんどです

 

これは表面が酸化・硫化という化学反応を起こす事によって発生します。

・酸化=空気中にある物質が酸素と結合すること。

・硫化=硫黄と結合すること。

 

一応二つ書いていますが基本は硫化が原因です。

硫化はシルバーアクセサリーを着けっぱなしで温泉に入って黒くなる現象と一緒で、それが空気中の成分や汗などと反応して起こっているとお考え下さい。

酸化は火で加熱するなどして起きるので一般的な生活の中ではちょっと考えられないです。

 

要するに空気中にほったらかしにしてると黒ずむので空気の流れを遮断してあげれば汚れなくなります^^

 

簡単に言うとビニールのチャック袋に一個ずつ保管すればかなりきれいな状態で保管できます^^

100均で売っているやつで大丈夫。

私はDAISOのやつは硬くてかさばるのでシモジマで買ってます。

ホームセンターで売ってるものでも大丈夫。

1個1個シルバーアクセサリーを入れていくのはめんどくさいという方もいると思いますが、

チャック袋に入れておく事でかなりキレイな状態を維持できます。

いきなり汚くなってメンテナンスを頼むよりかなり安上がりなのでオススメです。

 

部屋のディスプレイを兼ねている方は最悪ティッシュでもいいのでたまに拭いてあげてください。

すぐに効果がわかるというものではありませんがかなりオススメです。

 

アクセサリー・ジュエリーのお手入れに使うのにオススメの道具

シルバーアクセサリーは経年変化によるくすみ(硫化)などが味になるのでお手入れはしないという方もいますよね?

しかし長く使っていただくためには最低限布で拭く程度のお手入れはした方がよいと思います。

 

ちゃんと保存していたとしても汚れを取っておかないとチャック袋の中の空気と反応して汚くなります。

東急ハンズなどで売っている宝飾品を磨く500円ぐらいのクロスはかなり優秀ですのでオススメです。

ただ新品はまだ布が堅いので一回洗濯をしてやわらかくしてからでないと鏡面仕上げのものは逆に傷がつきますのでお気をつけください。

 

 

一般的なお手入れであれば充分で、ほぼ半永久的に使えます

薬品のついている布なので拭いた後に軽くお湯でゆすいでおくと汚れがつきにくいです。

 

↑ちなみにこの画像で紹介しているのはハンズでも売っていますがちょっと質の高いそのまま使える研磨布です。

ホームセンターで販売している物よりかなり上質なお手入れアイテムです。

特に近年は真鍮のアクセサリーが流行っていますが真鍮のアクセサリーは雑な管理をするとあっという間に錆びて緑青が出てしまうので気を付けてください。

 

アクセサリー・ジュエリーに使われる金属は色々のあるので使われている金属に合わせてお手入れすると短い時間でキレイにできます。

彫金のアクセサリー・ジュエリーに使われる金属の知識

 

最近は東急ハンズなどで販売されている洗浄液で優秀なものが出ていて、お値段も1000円前後と良心的です。

裏面には対応している宝石の名前などが細かく記載されているので購入するときにわかりやすいと思います。

 

洗浄液の説明文は絶対に読んでから買いましょう、ダメになってから後悔しても遅いです^^;

 

これらのクリーナーは対応している金属・宝石がしっかりと決まっています。

対応している金属・宝石以外には使用しないでください。

 

 

こだわりたい方はドンキ・ホーテで4000円くらいで売っている超音波洗浄機を買えば日ごろのお手入れには充分だと思います。

まとめ

今回の読む彫金教室は家にあるものでできるシルバーアクセサリーの簡単なお手入れ方法と少し専門的な道具を紹介しました。

よほど汚れない限りシルバーアクセサリーは毎日軽く拭くだけで結構きれいな状態をキープできるのでしっかり汚れてから手間をかけたくない方はこまめに磨いてあげてください。

そして磨いた後にビニールのチャック袋に入れて空気の流れを遮断してあげればちゃんと保管が出来ます。

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

機械工具を使った磨き方の紹介もしていますので興味にある方はこちらからご覧ください。

リューターの先端工具系の記事まとめ

 

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

 

 

 

 

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる