三日月彫り練習

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

 

今回は片切タガネの練習についてです。

片切タガネの練習。

三日月を彫る

今回はちゃんとした練習方法に関して書きます。

片切りタガネ応用性が高いので練習しておくと便利です。

直線曲線、変化のある模様。

様々なことに使えます。

基本中の基本の練習方法は【三日月】を彫ることです。

三日月彫り練習
三日月彫り練習

基本は三日月を綺麗に彫る事をメインにやります^ ^

慣れてきたらちょっとズラして彫ったりして自由に輪郭を取れるように練習します。(写真2枚目)

写真だと分かりづらいですがかなり雰囲気が変わってきます。

くっきりとした模様を描きたいときは彫り始めた彫り終わりを合わせて彫るといいです。

あとは彫る時の傾斜を絵の内向きにするか外向きにするかがかなり重要です、遠近感を出したい時に気にする点ですね(^^)

私はシンプルな立体感を出して製作するので傾斜はほとんどが内向きです。

 

遠近感をしっかり出したい時以外はそこまで気にしませんが、和の模様を彫る時は傾斜を得ようと外側にすると和っぽくなります。

後は彫る深さで強弱を出します。

これは練習してると結構勝手に覚えます。

また立体感を出さない絵の場合は綺麗に線を引き、すごく細くて浅くて長〜い三日月を練習すると余白を楽しむような和っぽい感じになります。

最終的に彫金の絵は三日月の集合体なのでこれを練習し続ければかなりちゃんと彫れるようになります。

基本こそが最強と知れみたいな感じです。

細く刃を入れて広く彫って細く抜く

以上が片切りタガネ超基本の練習です。

彫金真鍮板
東京アートクラフトフェスタ実演真鍮板

作業途中ですが練習していけばこういった感じのものが彫れます。

画像の彫金に使用したタガネは


IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

 

三日月彫り練習
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。