陰影を彫る彫り方

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

 

過去の投稿で彫り方の練習方法を書いてきましたので考え方的な内容です、あくまで筆者の個人的な見解になりますのでご了承ください。

では始まり始まり~

彫金の彫り方(刃の向き)

今回は彫金の彫り方、彫金タガネの刃の向きに関してです。

基本的に片切タガネ(片切彫り)についての話になりますが刃をどっちに傾けるかという話なので大体のタガネに当てはまると思います。

あとこの考え方をしていると模様を彫っていく時にどのタガネで彫ると上手いこと彫れるか自然と手が動くようになるので練習するなら考えるようにした方がオススメです。

 

では早速画像からご覧ください。

刃の向きと傾きを変えた彫金の葉っぱ
刃の向きと傾きを変えた彫金の葉っぱ

コチラは同じ葉っぱを彫る時の刃の向きと傾きを変えた色んなタイプです。

ぱっと見でもわかる通り同じ絵でもタガネの刃の向きによって結構印象が変わります。

ちょっとデザイン的な内容を言うと葉っぱの先端を尖らせるかどうかだけでずいぶん印象が変わります。技術的にどっちが難しいということはないのであくまで好みです。

片切タガネの刃を内向きに彫る

立体的に

基本的にタガネの刃を内側に向けると立体的に見えます、ハワイアンジュエリーのプルメリアとかの花と葉っぱはこの彫り方です。上の画像の刃をうちに向けた物もそうですが彫り跡の幅を太くするほどふっくらとした印象の模様を彫ることができます。

彫金スクエアシルバーリング
彫金スクエアシルバーリング

模様の内側の角を丸める

私はあまりやりませんが彫った跡の角をシリコンポインターなどで強く磨くと角が丸まるのでさらにポッテリとした印象になります、「彫り跡がだれる」と言って彫る人の中ではあまりいい印象を持たれない事もありますが柔らかい雰囲気を持たせることができるのであくまで装飾の方法の一つとしてたまに使っています。

余談ですが今までいろんな人と打ち合わせをしましたが彫金をやらない人ほど彫り跡がだれるのを嫌がるような気がします。

何故かはわかりませんが上記のシリコンポインターやキサゲを使って立体感を出すために角を丸めるのは頻繁に行う装飾で、至って普通の作業です。

片切タガネの刃を外向きに彫る

平面的に

片切タガネの刃を外側に向けると平面的に見えます。和風な模様を彫る時はコチラが向いています。というか和柄を彫っているものは大体こちらの方法で彫ってあります。

外向きに彫る時は角が丸まるのはいいことがないので彫った後にリューターでは磨きません。布に研磨剤を塗って手で磨きます。彫った後の模様にさらに加飾するときは彫り筋と模様を荒らさないように加飾する必要があるので最初からデザインはしっかりと決めてから彫った方がいいです。

指輪に彫ると

彫金の指輪なんかを作る時は刃を外側に向けで深く彫ると模様が物理的に浮かび上がることになるのでそこにさらに角を軽く内向きに彫ると一気に模様に目が行くような彫り方ができます。

彫金リング2
彫金リング2

 

内向きと外向きを組み合わせて葉っぱを彫る

彫金の葉っぱ
彫金の葉っぱ

葉っぱを彫る時に内と外の向きの彫金模様を組み合わせると葉っぱがどっちを向いているかを彫り分けることができます。当然絵画的に効果線などを入れることできますが、今回紹介する内容は同じように彫ってモチーフの向きを変えるように彫る方法です。

刃の向きを外側を向けた方が奥に見えるようになります。

これは同じ位置に同じような大きさで彫った時の奥行きを出す方法で彫る深さなどを調節する必要がありますが覚えておくと便利です。

レリーフなどの光の当たる方向が一定の場合特に効果的ですが、指輪やネックレスなどの場合は身に着けた時に光が当たる方向が一定ではないので正直そこまで効果はないです。あくまで筆者の考えですが。

内向きと外向きを合わせて片方をV字の溝に彫るとめっちゃ強調することができます、彫金で指輪やネックレスを彫ってしっかりと模様を出したいときはこちらのほうがオススメです。もちろん模様の全体をV字に彫っても大丈夫です。

「あれ?V字に彫るなら毛彫りタガネでいいんじゃねーの?」

ごもっとも。

片切でV字に彫る時は溝の傾きを調整して彫りたいときです。模様のこの部分は深く、ここは浅く。傾きをそれぞれ調整したりY字みたいに彫ることもあります。

自分なりに彫り方を調整すると面白いと思います。

彫金シルバーネックレス
彫金シルバーネックレス
シルバーネックレス

あれこれ調整して彫ると浅く細く彫ってもこれぐらいの雰囲気に彫ることができます。

過去のブログで紹介した山彫りと波彫りは使うタイミングがなかなか難しい技術ですが、深さを調整して使えるようになっていれば狭い範囲でもあれこれ彫れます。

深さを調整して使えればというのは「深く彫らないとできない」という状態でなければという意味です。唐草模様の葉っぱをきれいに彫れていれば多分大丈夫。多分。

波彫り組み合わせた葉っぱの彫金模様
波彫り組み合わせた葉っぱの彫金模様

波彫りと山彫りを組み合わせると上の画像のような葉っぱの模様が彫れます、めったに使わないけど。

大~きな模様を彫っているときにアクセントとして使うことができます、めったに使わないけど。

陰影を彫る(影彫り)

陰影を彫る彫り方
陰影を彫る彫り方

陰影だけを彫って葉っぱや枝などを彫る方法もあります。感覚としては水墨画を書くような感じです。

これは光の向きをそろえたりとあれこれ考えることはありますが完全に雰囲気勝負の方法なのでキレイに彫るというよりも余白を生かす方に意識を向けた彫り方です。極端な言い方をするとこの彫り方はあまりキレイに彫らない方がキレイです。

ここまで紹介してきたブログの内容だけでも練習してくると

「時間をかけて、細かく丁寧にやってるんだからキレイ」

のような間違った認識が生まれます。

これは大きな間違いでただの自己満足です。

人からお金を取らない人は自分の為にやっているのだから自己満でいいと思います。

 

三日月を彫る練習の時のブログに書いてますが、

関連記事

こんにちはIMULTAの上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 今回は片切りタガネの練習で波線を彫る方法の紹介です。 […]

工房の写真

彫った跡がツルツル・キラキラじゃない時の彫り方はこういった陰影を彫る時などに使います。

彫り跡に残った横線を葉脈や陰影の効果線のように見立てます、枝の節の部分は軽く山彫りをしながら跡が残るように荒く彫って強弱をつけます。

今までは線の太さと深さの強弱を付けることについてあれこれ書いてきました、今回はさらに彫った線のキレイさに強弱をつける彫り方です。

私は勝手に【影彫り】と呼んでます。

彫り方にいちいち名前を付けているのは、お客さんと打ち合わせしたときに名前を付けとかないと打ち合わせがいちいち止まるので業務上サクサク進めるために付けています。

それに「影彫り。」と言えばとりあえずは先方も「影を彫るんですね。」となるので、大体見てもらえば「あ~。」ってなります。

が、よその工房とか彫金教室で言ったら「はぁっ?」つって厨二病患者のように見られるので気を付けて。

 

まとめると

立体的なら内向き、平面的なら外向き。陰影を彫る時は余白を意識して。

今回紹介した彫金の彫り方はどう見えるかを調整する方法なので今まで紹介したものと違って練習したからキレイにできるといった類の技術ではありません。

色んな方にお話を伺ってきましたが「これが正解。」と言った絶対的なものはないようです。

筆跡と同じように彫っていると自分の手癖が出てくるので

自分の彫ったものの雰囲気に合わせて使い分けるのが正解だと考えています。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

スターリングシルバーzippo
スターリングシルバーzippo

IMULTAではオンラインショップでのオリジナル彫金ジュエリーの販売、

お手持ちのzippoなどへの個別の彫金のオーダーも承っております。

料金など気軽にお問合せください。

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

鍛金と彫金で作ったネックレス

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 彫金のアクセサリー・ジュエリーに使われる金属の知識 他の記事でアクセサリーやジュエリーに […]

NO IMAGE

デザインフェスタvol.50に出展するので準備をしています。 販売イベントの準備に関しては人それぞれですが、今回は販売イベントin東京ビッグサイトの場合の準備に関して紹介します。ちょっと脱線もします。 イベントの準備に関して言うと基本的にお金を掛けた […]

彫金のジュエリー

今日(2019.6.21)は29度まで気温が上がるそうです。 熱中症にお気をつけください。 今回は彫金の作業のデザインの発想から製作までの流れをザッと書きます。 物を作ってみたいけどデザインとか勉強したことないし思いつかない そんな人に向けた投稿です […]

リングを叩く様子。

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 「ハンドメイド」を卒業して「彫金」をやってみたい方向けにどんな道具を揃えれば […]

NO IMAGE

こんにちはIMULTAの彫金師上谷です。   イベントで質問を受けたので今回は金槌とか木槌などのハンマーについて書きます。 あくまで私のが個人的に経験した内容になりますので参考程度にお読みください。 それでは始まり始まり~

陰影を彫る彫り方
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。