ジュエリー職人とハーキマーダイヤモンド~52

Pocket

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

皆様花粉症シーズンをいかがお過ごしでしょうか?

少しずつ暖かくなってきて春の兆しが感じられるようになってきましたね^^

 

ただ花粉症の症状が出てしまうと集中力を欠いて彫金作業ができなくなってしまうので、

最近は長時間の作業は難しくなっていますf^^;

なにごとも短期集中!!

でないと最近は仕事が進まなくなっています^^;

とはいえ大きく仕事を進めようとするとミスをしてしまう心配があるので

小さな事からコツコツと少しずつ進めています。

皆さんも健康には気をつけてお過ごしくださいm(__)m

 

それでは彫金のコーナーです。

1回前のブログでハーキマーダイヤモンドクオーツについて書くと言ってから

…1週間経ちましたね…、申し訳ございませんf^^;

ではではハーキマーに関してでございます。

ハーキマーダイヤモンドクオーツ

アメリカにある鉱山のハーキマー地区で産出されたダイヤモンドクオーツ

ハーキマーダイヤモンドクオーツを名乗ることができます。

うちの奥さんに言ったら「シャンパンみたいだね。」と言っていましたが

その通り^^

産出した地区にまつわる名前です。

同種の鉱物はパキスタンなどでも産出しておりますが

ハーキマー地区で産出したものは特に透明度が高く美しいので別枠としての名前が付いています。

パキスタンのものとどう違うか

極端に言うと

クオーツの中に黒いインクルージョン(内包物)があるか無いかです。

ダイヤモンドクオーツですので水晶ですが採掘されたままの姿があまりにも美しいので

ダイヤモンドの名がついてます。

「ハーキマー 採掘」

などのキーワードで画像検索すると出てきますが

地面の中から

上の写真のままでコロンと出てきます。

水晶の性質として「欠けてなければ」剣の部分が残っておりますので水晶の形そのままです。

研磨もしないでこの透明度と輝きなのが凄いところで、原石の状態だとダイヤモンドも輝いてはいないので

原石状態だと一番キレイかもしれません^^

「水晶 ダブルターミネーション」

で検索するとわかりやすいですよ♪♪

ちなみに専門の機械がないと穴を空けたりといった加工が大変ですf^^;

モース硬度が7なので(ダイヤモンドは10)メッチャ硬いです…

まぁ普通に穴空けますけどね、時間かかります(笑)

私の商品のオンラインストアもありますのでよかったらこちらからご購入ください。

オンラインストアへ

 

そして各有名サイトでも販売しているのでそちらからもぜひどうぞ。

Creemaはこちら

 

iichiはこちら

 

BASEはこちら

それぞれ作りが違うので是非ご覧ください。

IMULTAロゴ

 

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【twitter】

【Facebook】

【instagram】

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

それではまた次回をお楽しみに!!

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

Or

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください