穴を開けた真鍮板に芋槌で模様を打っていく

真鍮のアクセサリーの作り方を鎚目ネックレスを作って学ぶ!!

こんにちはIMULTA(イムルタ)の上谷です。

独学で彫金を始めてなんやかんや15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今回は「読む彫金教室」の第三回。

今回は真鍮のアクセサリーで「鎚目のペンダントトップ」を作っていきます。

真鍮アクセサリーの作り方、鎚目のペンダントトップ編

前置き

はい、そんなわけで始まりました。

ペンダントトップは

真鍮のアクセサリーの作り方をペンダントトップ作りで学ぶ

以前こういう記事↑を上げていたんですが

嫁「いやいや、難しい。こんなの出来ないから。もっと簡単にしなきゃ無理だよ。」

私「でも途中までのだったら独学でもできそうじゃない?」

嫁「そもそもロウ付けとか独学で出来ない^^;」

こんなやり取りがありまして

今回はロウ付けを行わない鎚目のペンダントトップを作っていきます。

ちなみにうちの奥さんにはダメ出しされましたが、前回のペンダントトップも作り方を段階的に紹介しているので

ちょっと慣れている方であれば途中までは多分簡単にできます。

 

このブログでも基本的なことは紹介していますが本を見ながらやりたい人もいると思うのでオススメの独学本を紹介しています。

彫金を独学するためにオススメの本4選

そのうちの一冊は現在の人間国宝が出している本です。

まずは彫金で使用する道具の紹介。

道具の一覧は下の記事をご覧ください。

彫金で使う基本から専門的なものまで道具・工具を紹介。

アクセサリー作りにこの記事で紹介されている道具が全部必要という訳ではありませんので必要なものだけ用意しましょう。

今回は

  • 糸鋸
  • ヤスリ&紙やすり
  • 芋槌
  • ヤットコ
  • ドリル

これだけあればできます。

 

作る鎚目のペンダントトップ紹介

完成した鎚目のペンダントトップ
完成した鎚目のペンダントトップ

今回作るのはこちらのペンダントトップです。

形は一応こんな楕円型にしていますが同じようにやれば、多分作れるので

好きな形でどうぞ。




怪我しないようにゆっくり作ります。

毎度おなじみですが

「作業はゆっくりやりましょう。」

せかせかやると疲れますし、大体失敗します。

そして怪我します。

今回のは特にゆっくりやっても短時間で製作できるので、余計のんびりやっても大丈夫です。

 

では作業編に入っていきます。

 

真鍮アクセサリーの作り方、作業編


真鍮は家の近くのホームセンターで売っていると思うのでそれでも大丈夫です。

真鍮の板
真鍮の板

私は工房にちょうどいいサイズの真鍮板があったので

上の写真の真鍮の板から始めます。

真鍮の板切り出し。

まずは大きい一枚板を買ってきた人は糸鋸で切り出していかないといけないので

糸鋸でちょうどいいサイズに切ります。

彫金で糸鋸を使う時は高さを考える~143

大まかなサイズで切ったら希望の形に近づけるように

また大まかに切ります。

糸鋸で少し形に近づけた真鍮の板
糸鋸で少し形に近づけた真鍮の板

一発で目的の形にするのもいいですが、(※私は一発決めと呼んでます。)

慣れないうちにやると

・まず出来ない

・形がいびつになって修正に修正を重ねて最終的にやっぱり歪になる

大体この2つに当てはまるので一発決めはオススメしません。

※たまにすごい才能を発揮して最初から出来る人もいるらしいのでやってはいけないわけではありません。

少なくとも私が独学で彫金を始めたころは全くできませんでした。

簡単に周りから希望の形に寄せていくのがいいと思います。

 

周りをヤスリで削っていく

ヤスリで形を削りだした真鍮板
ヤスリで形を削りだした真鍮板

程々の形に切り出したら今度はヤスリで削っていきます。

ヤスリにも目の粗い・細かいがあって、粗い方がザクザク削れるので買うなら最初は粗いものがいいと思います。

 

キレイにするなら段々と目の細かいものにしていくんですが

金ヤスリの目の粗い細かいをうまく使いこなすのは結構大変なので

ある程度削ったら紙やすりで傷を消していきます。

 

真鍮リングの側面を研磨フィルムで磨いていく
真鍮リングの側面を研磨フィルムで磨いていく

写真撮るのを忘れたので前回の簡単な指輪づくりで学ぶ!!真鍮アクセサリーの作り方!!の写真を転用していますが、同じように紙やすりの上で滑らせて傷を消していきます。

これも紙やすりの目を細かくしていけばドンドンキレイに磨かれていきます。

 




・芋槌で叩いて模様を入れていく

穴を開けた真鍮板に芋槌で模様を打っていく
穴を開けた真鍮板に芋槌で模様を打っていく

丸環を通す穴を開けたら芋槌で叩いて模様を入れていきます。

やる前は「いやいやそんなの叩くわけないじゃんww」と思うと思うんですが、自分で思ってるよりも指叩きます。
適当にやる人は「あれwww自分の指叩きたかったんだっけwww?」ってぐらい叩きます。爪の中で内出血すると痛いですよ。
何だったらヤットコで横を挟んで動かないようにして叩きましょう。

模様を入れる前に穴を開けた方が簡単なので今回は先に穴を開けてます。

リューターの先端工具について書く、穴あけ編~130

まんべんなく模様を叩き入れたら最後に丸環を通して完成です。

 

完成した鎚目のペンダントトップ
完成した鎚目のペンダントトップ

叩く金槌の先端が大きければ鎚目が大きくなるので変化をつけることができます。

矢坊主という工具を使って加工する人や、シリコンポインターでちょこちょこ削って鎚目っぽく加工する人もいます。

 

今回のような真鍮アクセサリーはザックリ作るのをオススメします。

全部の工程を見て「あれ?」と思った方もいると思いますが、

色々な工程の途中でいちいちきれいに整えても今回のようなアイテムはあまり意味がありません。

 

例えば真鍮板を切り出してヤスリで形を整えていきましたが、途中で完璧な楕円形にしたところで

それを崩さないように芋槌で叩いていくという作業は、ちゃんとした力加減を覚えてからじゃないと絶対できません。

とはいえ世の中には「絶対」は無いのでほぼ100%、中には才能を輝かせる人もいるかもしれませんし🍣

 

ただ逆に言うとザックリ作っても鎚目のアクセサリーなんかは金槌でビッシリ打っていけばそれっぽく見えるんで気楽に作りましょう。

キッチリキッチリ作ってると楽しくなくなりますからね。




まとめ

今回はロウ付けがない気軽に作れるものとして紹介しました、興味のある方はチャレンジしてみてください。

最後に書いた通りキッチリしすぎると楽しくなくなるので肩の力を、僧帽筋の力を抜いて気楽に作りましょう。

それでは「読む彫金教室」第3回は以上です。

そのうちYoutubeでブイチューバー的な人を起用して動画でやりたいですね^^

お疲れさまでした。

作った後のお手入れはこちらから

お酢だけじゃない!?真鍮アクセサリーの簡単お手入れ方法

 

普段私はこんな感じのものを彫ってたりします。

模様を彫り上げたあと魚子タガネを打ち込んでいく銅板
模様を彫り上げたあと魚子タガネを打ち込んでいく銅板

 

 

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

 

穴を開けた真鍮板に芋槌で模様を打っていく
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。