MENU

簡単なシルバーアクセサリーの作り方・彫金で指輪を作る。

こんにちは彫金師の上谷です。

彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。←この挨拶もなんやかんや結構立っているので多分18年ぐらいは立ってます(このブログ自体始めて3年以上たってます)。

 

さて今回の「読む彫金教室」はシルバーアクセサリーのリングの作り方を紹介します。

 

過去の記事で安価な値段で手に入る真鍮を使った指輪の作り方彫金の技法をあれこれ紹介しているので改めて「シルバーアクセサリーの作り方」という書き方はしてこなかったのですが、

  • 真鍮とシルバーのアクセサリーの作り方は一緒でいいのか教えてほしい?
  • シルバーアクセサリーはシルバーアクセサリーで作り方をブログに書いてほしい。

と言ったリクエストがTwitterとインスタであったのでこの記事を書くことにしました。

 

過去の真鍮の指輪の作り方と重複する部分が多くあるので興味のある方は合わせて読んでみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://choukinyorozu.com/imulta201-2401.html]

↑この記事では真鍮で鎚目の指輪を作っているので、今回は「すり出し」のシルバーアクセサリーの作り方を紹介します。

 

※今回はリング・指輪の作り方として紹介しますが応用すればペンダントトップも作れます。

またタイトルに「彫金」とあるように今回は地金(金属板)を加工する方法の紹介です。

ワックスを使ったシルバーアクセサリーの作り方はまた別の記事で紹介します。

 

それでは読む彫金教室「シルバーアクセサリーの作り方編」始まり始まり

目次

簡単なシルバーアクセサリーの作り方・彫金で指輪を作る。

さて今回の読む彫金教室はすり出しのシルバーリングの作り方の紹介です。

過去の真鍮の鎚目リングの記事にも書いてますが技術としては真鍮もシルバーアクセサリーも一緒なので今回の作り方を利用して真鍮のすり出しリングを作ることも可能です。

 

慣れてしまえばそこまで時間はかかりません。

ただ、大事なポイントは「ゆっくり作る事」です。

せかせか作るとケガしやすくなります。

 

彫金のケガは火傷など跡が残りやすいケガが多いので気を付けましょう。

楽しく読める程度のケガについてはこちらの記事で紹介しています。

ケガとは切っても切れない彫金作業での痛かったエピソードまとめ

 

では今回使用する工具を紹介します。

 ・使用工具

  • 糸鋸
  • サイズ棒
  • ヤスリ←スリだしリングはヤスリで削って成形するリングなのでヤスリが重要です。
  • ガスバーナー
  • ゴムハンマー・または木槌
  • フラックス
  • ディクセル
  • 紙やすり

 

そのほかの彫金に使用する工具は過去に紹介した記事をご覧ください。

彫金で使う基本から専門的なものまで道具・工具を紹介。

紹介している道具全てが必要なわけではありませんが、持っておけば大体の作業は出来ます。

ご自身で「これ必要かも」と感じたものをちょっとずつ買って、本当に必要であればさらに買い足すのをオススメします。

 

 ・材料

  • 銀板(厚さ1㎜)
  • 銀ロウ

 

 

シルバー(銀板)の切り出し

1㎜の厚さの銀板から糸鋸を使って大体で切り出してください。

幅が広すぎると後で真鍮板を曲げる時に大変なので、幅は最大でも3mmぐらいで切り出します。

切り方などを動画にまとめたのでご覧ください。

長さは号数によって変わります。

では今回は9号という事で長さは53㎜ぐらいで切った後に両端をちょっと削るといい感じに9号ぐらいです

 

糸鋸の詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください。

彫金で糸鋸を使う時は高さを考える

 

※もし長さや幅を指定して購入できる業者であればリングのサイズに合ったシルバー(銀板)を最初から購入した方が簡単です。

銀板を切る工程を省くことが出来るのでオススメです。

※最近はハンドメイドの流行もあるので小売りをやっている金属屋(地金屋)さんも増えてきてます。

 

各パートごとに使用する工具を紹介します。

 

シルバーをなます(熱してから急冷する)

加工しやすいようにガスバーナーで赤くなるまで熱してから水に入れて急冷します。

上の画像だと水に入れている部分が写っていないのでこちらもご覧ください。

ダメとは言いませんが、あまり長時間熱するとシルバーの表面が荒れてくるまたは溶けてしまうのである程度赤くなったら水に入れましょう。※薄い銀板の場合は特に溶けやすいので注意が必要です。

 

この工程を行ってもシルバーが硬い場合はちゃんとなませていない(なましが足りない)という事になります。

ただ硬かったらもう一回なます工程を行えばいいだけなので、溶かしてしまわないように気を付けてください。

 

・なましに関してひとネタ

シルバーを購入する業者によっては「ソフト加工」の状態で購入することが出来ます。

ソフト加工の状態はなましてある状態なのでなます工程を省くことが出来ます。

サイズを指定して購入することが出来る業者の場合は業者側から聞いてくると思います。

 

 

逆にシルバーの表面をちょっと溶かして表情を出す。

逆に強く加熱してなますついでに表面を溶かすのもテクニックの一つで、以前紹介したレティキュレーション(網目模様加工)がこれに該当します。

強い火を使う事が条件になるので行う方はくれぐれも火事に気を付けてください。

レティキュレーションのやり方に関してはこちらの記事をご覧ください。

シルバーアクセサリーの作り方、レティキュレーション加工

曲げる、リング状に丸めていく

なました後にサイズ棒に押し付けて真鍮板を曲げる

なました後にサイズ棒に押し付けて真鍮板を曲げる

画像は真鍮ですが行う事は一緒です。

なましが完了したら硬い棒に押し付けて曲げます。

写真を見ていただくとこの時まだ板の両端が真っすぐなのでゴムハンマー、または木槌で両端を叩いて丸めます。(集合住宅の場合はゴムハンマー推奨)

 

なました後に丸めていく真鍮板

なました後に丸めていく真鍮板

 

そうすると画像の感じで真鍮板がリングっぽく丸まっていきます。

↑ちょうどいいゴムハンマーとセットのものがあったのでこれおすすめです。

 

今回のサイズ棒にグニッと指で押し付けて曲げる作り方は、板の厚みが1.2㎜までの場合簡単にできます。

それ以上はちょっと硬くなってくるのでシンドイです。

最初に書きましたが板の幅があるとそれだけ曲げにくくなるので程々にしましょう。

(※無理に手で曲げようとするとケガするので気を付けてください。)

 

シルバーアクセサリーを木槌で叩く場合の注意点

シルバーリングを作る時だけでなく、しっかりとなました後のシルバーを木槌で叩く場合あまり力任せに叩くと思っている以上に変形してしまいます。

リングの場合はリング状に丸める過程で両端がつぶれてしまう可能性があるので丁寧に叩く必要があります。

シルバーの場合は特にゴムハンマーがオススメです。

ゴムハンマー

ゴムハンマー

ゴムハンマーは普段のDIYにも使える上に安いので1本持っておくとめっちゃ便利です。

木槌で金属を叩く場合は結構大きな音が鳴るのでご近所トラブルの素になります。

ゴムハンマーは作業音が静かなのでゴムハンマーで出来るものはゴムハンマーでやりましょう。

 

※余談

リングの成形は成形プライヤーがあるとあっという間にできるのでオススメです。

木槌で成形すると結構大きな音が出るのでマンションで作業している方はゴムハンマーを使うか成形プライヤーで曲げるかしましょう。

リング曲げ用のヤットコ

リング曲げ用のヤットコ

これは金属板や金属線を挟んで握りこむとリング状に曲がるヤットコです。(※成形プライヤー)

 

前に紹介した記事で「彫金の成形の工程は作業に合った工具を使うといい」と書いたのですが、真鍮アクセサリーでもシルバーアクセサリーでもリング作りをする時にこのヤットコを持っているととても楽です(ちょっとお高い)。

 

シルバーリングの両端をすり合わせる(くっつける板の端と端を合わせる)

ロウ付け面をすり合わせた真鍮リング

ロウ付け面をすり合わせた真鍮リング

 

シルバーの板をリング状に丸めていったらゴムハンマー・木槌などで叩いて両端をぴったり合わせます。

このぴったり合わせるのを「すり合わせる」と言います。

 

叩いた結果、シルバーの板が捻じれて合わせる面が傾いているときはヤットコ(無かったら先細のペンチでも可)を使ってグニッと捻りましょう。

 

結構大事な工程で「合わせた隙間から向こう側が見えない」感じになったらいいんですけど大体でいいです。

とりあえずどんな感じがやってみてください。

 

※ヤットコでグニッと曲げる時に直でシルバーを掴んで力を入れるとシルバー自体に傷が入ったりへこんだりするので革の端材などを緩衝材として一枚かませましょう。ホームセンターで売ってる薄い緩衝用ゴムでも出来ます。ただあまりグリグリやると色写りします。

これはシルバーでも真鍮でも一緒ですが、しっかりなましたシルバーは真鍮よりもはるかに傷が入りやすいので気を付けましょう。キズが入ったシルバーを直すのはめっちゃめんどくさいです。

 

 

ロウ付け

すり合わせたシルバーをロウ付けしてリングにします。

ロウ付けの簡単な手順

  1. すり合わせたシルバーの合わさった部分にフラックスを塗る
  2. 銀ロウを乗せる
  3. ガスバーナーで熱する
  4. ディクセルの溶液に入れる

 

 ロウ付けの道具や、やり方はこちらから

彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介

彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

ロウ付けは雑にやると火事になるので自己責任で行ってください。

火事になっても私(上谷)とIMULTAの関係者は一切の責任を取りません。

粉末の真鍮ロウでロウ付けした真鍮リング

粉末の真鍮ロウでロウ付けした真鍮リング

 

板状のロウ材をハサミで切った銀ロウ(5分ロウ)を使用します。

ロウ付け前に銀ロウを乗せた状態の真鍮リング

ロウ付け前に銀ロウを乗せた状態の真鍮リング

リングのすり合わせ面の上に載っているのが銀ロウです。

 

この写真はすでにフラックスが塗ってある状態なのでガスバーナーで熱していきます。

ロウ付けした真鍮リング

ロウ付けした真鍮リング

ロウ付けが終わると画像のようにくっつきます。

ろう付けの後はフラックスを取らないといけないのでディクセルの溶液に浸けます。

「フラックスとディクセルって何ぞや?」という方は彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編を読んでください。

ロウ付けした真鍮リングをディクセル溶液に浸ける

ロウ付けした真鍮リングをディクセル溶液に浸ける

 

これ溶液の中でして、普段はこんな白い粒がある状態では使いませんが(普段は全部溶けてるのでパッと見ただの水です。)写真がわかりづらかったので粉の状態のディクセル(商品名:ピックリングコンパウンド)を「追いディクセル」してあります。

 

真鍮と違いシルバーの場合はディクセル溶液に入れっぱなしにしても白くなるだけです。(2.3日なら大丈夫)

ただ繰り返し使用したディクセル溶液の場合は黒ずんでくることもあるのでどちらにしてもしばらくしたら取り出しましょう。

 

 

シルバーリングの縁をヤスリで削る

真鍮の平打ちリングをヤスリで削る

真鍮の平打ちリングをヤスリで削る

 

シルバーリングを円形に叩いて整えたら縁の部分をヤスリで削っていきます。

 

 ヤスリはあまりギュウギュウ押し付けても効果的に削れないので押し付けるパワーで削ろうとするのではなく行ったり来たりする動きを増やすイメージで軽く押さえて使うと早く削れます。

※削りたいものが万力でぎゅうぎゅうに固定されていたりと力が逃げない状態であれば押し付けたほうが削れます。

 

 

紙やすりで整える

紙やすり各種

紙やすり各種

 

※今回はすり出しリングなのでこの工程は一番最後に持ってきても問題ありません。

 

金属のヤスリで整えた縁や表面の傷を消していきます。

目の粗さは#240ぐらいの紙やすりがいい感じに傷を消せます。

段々と目の細かい紙やすりに変えていく事で最後の磨き作業が楽になります。

 

シルバーの平打ちリング完成

紙やすりで磨いた後に研磨布で磨けばかなりきれいに仕上がります。

こういったリングを「平打ちリング」といいます。

「これでいいじゃん^^!!」

という方はこれで完成です。

お疲れさまでした^^

 

さて今回の読む彫金教室は「すり出しリング」の作り方なのでここからが本題です。

 

ヤスリで削って造形する。

ここからが今回の本題です。

さて前段落まででプレーンなシルバーのリングが出来ました。

ここからヤスリを使って造形していきます。

細かい金ヤスリ各種

細かい金ヤスリ各種

細かな造形をする場合は小さなヤスリが必要になります。

画像の一番左のヤスリは0.8Φのマイクロヤスリでかなり細かい造形が出来ます。

 

ただ初めて作る方は細かすぎると疲れてしまうので大きなヤスリでザックリと作ることをオススメします。

ヤスリとキサゲ

ヤスリとキサゲ

 

人によってはマジックで印を付けて正確に削ることを推奨している方もいらっしゃいますが趣味レベルであれば大まかに作った方が気分良く作ることが出来ます。

もししっかりとしたデザインをしてから削りたいのであればカニコンパスやスプリングコンパスを使ってください。

 

すり出しシルバーリングを磨く

ザックリした雰囲気のリングが好みであれば大まかに削りだしを行って終了となります。

キレイに磨き上げるのであれば大きく削りだした後に前述した紙やすりでの傷消しを行います

 

・最終的な磨き方は2通り

  • リューターやグラインダーのような機械工具を使用する方法。
  • 液体コンパウンドなどを使用して手作業で磨き上げる方法。

当然ながらリューターは少し値の張る工具です。

 

 

グラインダーは安価で手に入りますが集塵機が必要になるので一般家庭で使用するのは現実的ではありません。(部屋が粉じんまみれになっていいのであれば使えます。)

 

リューターを使用した場合、シリコンポイントやバフといった工具を合わせて使用します。

使用方法についての詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

 

 ・シリコンポイントの使い方

アクセサリー作りに便利!!彫金のシリコンポイント

 

・キレイに磨く段取り

彫金のリューターのパワーが弱くても大丈夫。下ごしらえが磨きを楽にする。

 

・シルバーアクセサリーをしっかり磨く方法と簡単なお手入れの知識(手作業での磨き方メイン)

シルバーアクセサリーの簡単なお手入れの方法!

 

 

簡単なシルバーアクセサリーの作り方・彫金で指輪を作る。まとめ

基本的に彫金はゆっくり作ることがコツです。

今回紹介したスリ出しシルバーリングの作り方は時間をかければかけるほどキレイに仕上げることが可能になります。

 

効率的な製作が希望であればリューターなどの機械工具が必要になりますが手作業でも問題はありません。

本記事内でも小ネタとしてサイズを指定した銀板を購入するといくつかの工程を省いて製作できるので興味のある方は業者に直接問い合わせてみることをオススメします。

ただ会社によってはとても感じの悪いおっさんが電話を取る可能性があるので心を強く持ちましょう。

 

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

製作したシルバーアクセサリーを黒く燻す方法はこちらの記事をご覧ください。

シルバーアクセサリーを黒くする燻し液の使い方。

 

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

 

シルバアクセサリーの作り方の記事リンク

 

 

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる